OUR BRANDS

デンマークは、1987年にオーガニックへの法律を制定した最初の国です。デンマーク国内のオーガニック食品の小売り市場での売り上げは、全体の12%を占めます(2019年度)。これは世界で比べても高いオーガニック市場規模です。デンマーク政府がオーガニック食品として認定オーガニック・ラベルは、品質と安全性の高さの水準を満たしていることを認めるものであり、世界でも有数のオーガニック食品を政府も消費者も支持しています。

COLLECTION

デンマークから8社の企業のオーガニック食品のブランドをご紹介します。スナックキャロット、チーズ、バターなどの乳製品、フルーツ・バー、エナジーバー、オーツ麦製品、ドリンク製品など、日本のオーガニックマーケットに新しく紹介いたします。

GASAオーデンセ

GASAオーデンセは1929年に設立され、デンマークに拠点を置く27の生産者によって100%所有され運営される農業協同組合です。 有機栽培の果物や野菜を幅広く販売しています。
オーガニック生産された野菜やフルーツを販売しています。環境に配慮した方法で栽培され、新規開発した食材を生産する生産者を応援しています。

スカンディック・フード社

1951年に創業したスカンディック・フード社は、ハイクオリティーの製品を、世界70か国の小売店やフードサービス業へ提供をしています。デンマーク国内の工場で、オーガニック、グルテンフリー、ヴィーガン、シュガーフリー等の様々な健康的な食品を、プライベートレーベルや自社ブランド向けに生産しています。スカンディック・フード社の伝統的な製品を20年以上日本へ輸出しており、消費者の求める品質や食文化を理解し長い信頼関係があります。日本語のできるセールススタッフもいます。オーツ麦、ジャム、フルーツ・バー、エナジーバー等のオーガニック製品のラインナップをご紹介します。

ローバイト社

ローバイトの企業理念はシンプルです。フルーツとナッツのバーを、100%オーガニックで、ヴィーガン、グルテンフリー、ノーシュガー(ナチュラルの甘さのみ)で提供すること。フルーツ&ナッツ-それだけ!ローバイトのバーは、健康的でアクティブなライフスタイルを過ごす人の完璧なパートナーです。どんな気温でも、液もれ、砕ける、溶ける、染みる、などの問題がありません。製品には3つの基本があります。1.デーツ:デーツはそれ自体においしさと甘みが詰まっています。ヤシの木から採れるドライフルーツはローバイトのバーの完璧な土台となります。2.アーモンド:スペイン等で収穫されたアーモンドは、バーにクランチ-さとナッツ風味を表すのに欠かせません。3.カシューナッツ:マイルドでソフトなうまみをローバイトに与えます。

ナチュアミルク社

ナチュアミルク社は、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどを製造するサプライヤーが所有する小さな野心的なデンマークの乳製品メーカーです。乳業市場で最も健康的な牛乳、素晴らしい味わいを体験できる製品を提供するという将来のビジョンに挑戦しています。

ティーゼ社

サステナブルな農業活動で生産されるサステナブルな乳製品で、サステナブルな社会生活を送り、サステナブルな世界を確実にしていくことが、これまで以上に重要になるでしょう。
1日あたり274,000リットルのオーガニック牛乳。これは、ティーゼ社の11,000頭の乳牛が生産する牛乳の量です。 ティーゼ社の5台のタンクローリーは、73人の農家から直接生乳を受け取り、酪農家で生乳をティーゼの幅広い製品へと製造しています。 この7〜8台の冷蔵ローリーから、牛乳、乳酸製品、チーズ、バターを毎日全国のショップや卸売業者に届けています。

スタイン&ジャック・アンダーセン社

スタイン&ジャック・アンダーセン社は、北欧の食品・飲料企業です。小規模ながら 創業15年となり、デンマーク国内のイベントや海外の観光業界にハイクオリティな製品を届けてきました。 デンマークのスイーツ「エイブルスキーバー」(アップルパンケーキ)を作りながら、デンマークのマインド「ヒュッゲ」(心地よさ)について語り合う、デンマークのテレビ番組にも数回参加をしてきました。
2012年以来、専門製品の1つであるデンマークのドリンク「グロッグ」(クリスマスに飲むホットワイン)の生産開発をしてきました。 国内市場からアジア市場へもシフトし、継続的に製品生産を追加してきました。 日本でのマーケティングプロモーションは、東京オリンピック期間中のデンマークのパビリオンで開始される予定でした。今後も美味しさ、新しい体験、クオリティーを提供していきます。

A.C パークス紅茶

– 創業1835年 ハイクオリティと伝統

 

18世紀後半、紅茶はデンマークにとって重要な貿易品となり、コペンハーゲンのクリスチャンハウンの波止場沿いを中心に一大ブームとなりました。多くの貿易商が港に到着する紅茶の商売で生業を立てていました。

 

貿易商の中で特に名を挙げたのが、ニルス・ブロック・パークスで、1835年にコペンハーゲン市内のコンピスガードに最初の紅茶の店を始めました。彼の三男のアクセル(A)・クリスチャン(C)・パークスの名前が名づけられた店で、コペンハーゲン市民に、世界中から集まる一番美味しい紅茶を届けたかったのです。そして現在でもA.Cパークスの店は届け続けています。

 

7世代を経た現在、1835年に創業した店は今も変わらずビジネスを続けています。

 

A.C.パークスは、デンマーク王室御用達の店となり、王室に何世代にも渡り献上し続けている事を誇りに思っています。

 

A.C.パークスは、コペンハーゲン(デンマーク)、オーフス(デンマーク)、東京(日本)、ニューヨーク(米国)、オスロ(ノルウェー)にて販売されています。

ノルディック・フード・エクスポート社

ノルディック・フード・エクスポートは、北欧発のハイクオリティーな食品を、フードサービスや小売向けに輸出促進をしています。ラインナップにある製品は、小規模でありながら情熱のある生産者によって作られ、ストーリー性があります。北欧諸国の食文化を反映した、パン、小麦、チーズ、チョコレート、グミ、ノンアルコール・ジン、スモークサーモン等を取り揃えています。

他のブランドを見る

前のブランド
イーオクト株式会社
次のブランド
RESPLE organics